結婚相談所の開業・起業から、運営成功までのステップについて連載しておりますが、今回は「提供サービスを考える」という点について書いていきたいと思います。

実際のところ提供サービスについて考えるためには「実際にサービスの運用を開始する」ということが大切かと思うのですが、事前にある程度イメージしやすい様に考えてみたいと思います。

結婚相談所の基本的な業務や提供サービスは?

結婚相談所の基本的な業務や提供サービスについて書いていきます。

①会員の入会と登録
会員が入ってきた場合は会員の入会面談を行い、連盟のデータベースに登録します。

この場合「会員のプロフィール撮影」「会員のヘアメイク」等を入会金の中で行う結婚相談所もあれば、それらをオプション費用で対応するケースもあります。

各連盟の会員データベースの項目に合わせて様々な情報をヒアリングし、登録します。

また、会員からの要望やお相手への希望をヒアリングし活動内容の提案を行うところもあります。

②お見合い相手を探す
入会した会員のお見合い相手を探す作業が必要になるのですが、この作業は「連盟の会員データベースを利用する」という場合と「プロフィール交換会や仲人同士のネットワークからお相手を探す」という作業の2つがあります。

また、自社会員が豊富な結婚相談所であれば、自社内でのお相手の推薦もしやすいです。

③月一回の定期面談
大体の結婚相談所はこの「月一回の定期面談」を行っています。

月に一度、活動の内容について会員と話し合ったり、会員の悩みを聞いたり、会員の各種レベルアップの為に面談を行います。

成婚・交際が出るまでは②~③までの作業の繰り返し
会員が交際・成婚となるまでは②~③までの作業を繰り返すことになります。

交際となると月1面談を行うことはあると思います。また、プロポーズが発生した場合はサポートするケースも多いかと思います。

成婚退会になった場合、会員へのサービス提供は完了します。中には成婚後の対応をサポートされる相談所もあります。

一見同じようで全然違う「提供サービス」の内容!

基本的な提供サービスの中でも、仲人型結婚相談所の提供サービスは実は様々です。

まず、入会面談時の対応に関しても前述の通り「入会金+登録費」でヘアメイクや撮影をセット料金で対応するところもあれば、オプション費用で対応するところもあります。

こちらの事情を考えますと「料金に対する提供サービスが全然違う」ということがわかりますよね。

また、お相手探しに関しても「会員データベースの俗に言うネット婚活のみ」の対応なのか「仲人同士のネットワークでお相手を探すか」という点でも相当違います。

実際のところお見合いに発展しやすいのは「仲人同士のネットワークを介した際」と言われています。ですので、やはり料金設定が同様の場合、安いのは「仲人同士のネットワークでお相手探しをしている相談所」ということになりますよね。

また、月1の定期面談以外にも「常時会員からの相談を電話等で受け付けている」という相談所もあります。もちろん、この対応をするかしないかでも「提供サービスの価値」は随分と変わりますよね。

極端な話ですが、月一回の面談を行わず、独自にお見合い相手を探すこともせずに会員に「会員データベースを利用してお相手探しをしてくださいね」と対応している結婚相談所も有るかと思います。

この様な場合は利用料金を安く設定する事もできるかと思いますが、実際に「成婚を出す」と考えた場合に関してはこの考え方では中々会員が成婚しづらいのも事実です。

反面、独自に様々な婚活のためのメソッドをかんがえ提供したり、または様々な心理学等の資格を取得し会員のレベルアップを重点的に行う結婚相談所もあります。

「提供サービス」について考えるということは、サービスの受け手に対してどういったサポートを行うか、という点で非常に大切です。

一見すると一律「同じ様なサービスを提供するのが仲人型結婚相談所」の様に思えますが、実はこの様に「様々なサービスを提供している」というのが仲人型結婚相談所の実情です。

次回に書こうと考えているのですが、これらのサービスの内容と関連するのが「価格設定」です。「提供サービス=価格」でそのサービスの価値が決まるのですが、まずは提供するサービスの価値について熟考が必要です。

特徴はありますか?強みは?顧客が「あなたの結婚相談所に入会する理由」はありますか?

結婚相談所の運営は全然簡単なものではありません。加盟連盟に加盟したら自動的にお客さんがやってきて儲かる、ということはありえません。

そもそも自分が開業しようとしている地域の中で「競合他社」が他に何社あるでしょうか?大手結婚相談所の直営サロンはありますか?

加盟連盟に所属している仲人型結婚相談所は、業界最大手の加盟連盟で約1,700社があります。その規模の連盟が複数社あります。もちろん複数の連盟に所属している結婚相談所も多いので一概には言えませんが、仲人型結婚相談所は恐らく少なく見積もっても日本国内に「3500社以上」はある計算になります。

もしかしたら一都道府県につき100社はあるのかもしれません。

その中で考えなくてはならないのが「自社の特徴・強み・顧客があなたの結婚相談所を選ぶ理由」です。

いますぐに「顧客が自分の結婚相談所を選ぶべき理由」を説明出来ますか?もしそれができるのであれば問題ないかと思います。

しかし、その質問に上手に答えられない場合は・・・、お客さんが自社を選ぶべきではないと自分で思ってしまっているのとさほど変わりません。

「結婚相談所の運営を成功させる」為に絶対に必要な作業がこの「自社がどういった強み・特徴・顧客へのメリット」を提供出来ているかという点です。

ぜひじっくりと考えてみて頂ければと思います。

最後に

今回は「サービス提供」について書かせて頂きました。

次回は「サービス提供」と組み合わせてじっくりと考えるべきポイントである「価格設定」について書く予定です。

現在結婚相談所の経営についてお悩みの方は是非ご気軽にご連絡ください。