shutterstock_533456524

「開業する」という事は即時経営者になる、という事です。しかし、「経営者である」という事はそんなに良いことなのでしょうか?

単純に「お金を稼ぐ」という事に関して言うのなら、実は別に経営なんてしなくたってやっていけます。今回は「結婚相談所開業を検討している!」という方にありそうな、やや間違った「開業の動機」について書いてみたいと思います。

社長だ、代表だ、所長だ!って言ってみたいだけ・・・

結婚相談所を開業されている方で「大手企業の役員だった」という方に会った事は今のところ有りません。何故かを考えればすぐに解るのですが、「大手企業の役員」である時点でこれ以上お金を稼ぐ必要もさほどなく、また「役職」という名誉も有りますので、じっさいのところ「自己承認欲求」は満たされているのでは無いかと思います。

しかし、中小企業で働いており、特に役職も無い、企業規模は大きい会社だが、歯車として働いている自分はなんなんだろうか・・・、などと考えた末に「起業・開業」する事は絶対にオススメしません!!

開業する理由なんて一つです。「起業したほうが儲かるから」それ以外求めると確実にビジネスは失敗します。だって年収1000万円の平社員と、年収500万の自営業なら、絶対に平社員の方が良いですよ。

一経営者として言わせて頂きたいのが「経営者というのは責任がおもすぎる」という事です。小規模経営でしたら労働時間はおそらく「起きている時間ずっと」になる事も。

私は働くのが好きなのでそこまで気にしたことはありませんけれど、「ライフワークバランス」という言葉は経営側に回った瞬間に終了します。間違いなく。

ただ、経営に向いている性格の人って居ますよ。「他人に指図を受けたくない!責任は俺が取る!」とか言う、変に癖の強い性格の人です。私達デューオエージェンシーも実はそういう人間の集まりかも・・・しれませんw

優秀であろうが、そうでなかろうが、経営者っていうのは多かれ少なかれ癖の強い人が多い気がします。気の強い人も多いですね。あと、根性がある人も多いと思います。軌道に乗るまでは結局人間力で乗り切るしかないですからね。

多分コレが「正しい開業動機」

ずばり、脱サラして独立するのに最も良い動機が「お金」のことでは無いでしょうか?実は私、会社員時代にずっと「自分がこなしている仕事を、会社を経由せずに受け取ることが出来たら金持ちなんじゃないだろうか?」と考えていました。

はい、動機は直球に「お金」です。あと良いことといえば「通勤電車にイライラせずに済む」ことや「仕事が片付いていると平日でもしたいことができる(極稀ですが)」ことなどです。自由では有りますが、収入も自由過ぎます。多いことも少ないことも有ります。自由ですからね。

正直いいますと経営するメリットって思いの外有りません。お金が稼げる!と最初は浮かれていましたが、実のところ会社っていうのは「長年の実績や付き合い」をベースに仕事が循環しているものです。

何もない人間が突然独立したからといって以前会社が受け取っていた様な金額をもらえる、という事はありませんでした。

これは「結婚相談所」を始めても同じようなものです。長く結婚相談所を運営している人に限って、自治体や大きな企業などに食い込んでいて、会員集めがそんなに難しくない、という事もありえますが、開業したてであればお客さんになってくれるのは「知り合いからの紹介など」になってしまいますよね。

弊社でサポートして、開業一年未満でサラリーマン時代の年収を超える人ももちろんいますが、その間に必要なことって「努力」だったり「自分を見直す反省」だったりと、おそらく雇われていたら気づかなかったことに直面するk所とがとても多いのでは無いかと思うんです。

具体的に「月いくらをどのように稼ぎたいか」という事をきちんと設定するべきです。ただ自分の名刺に「代表」とか「社長」とか書いてみたいだけだったら、絶対に開業しないほうが良いです。そもそも能力があればサラリーマンでも稼ぐことが出来ますし、企業というのは下地がありますので「能力を評価してもらえる環境づくり」は開業よりも実は簡単だったりします。

起業・独立して良かった!と思ったのはやはり2~3年経ってからですね。やっぱり開業直後って苦労の連続だったと思います。

さて、「稼ぎたい」のに「結婚相談所の開業」は適切?

開業するに当たって「お金を稼ぐこと」がもっとも大切、という事はご理解頂けたと思います。別に独立しなくたってお金を稼ぐ事は出来ますから。

さて、「結婚相談所を開業」する事のメリットってなんでしょうか?

結婚相談所のメリットはそんなにあるだろうか?と考えると、「サービス業」であることがまず一つ。「メーカー」や「問屋」に比べて、昨今では「サービス業」の市場規模がとても大きいですし、メーカー業などに比べてサービス業で開業する、というのは良い視点です。

ソレに実は「婚活」や「恋愛」というのは現在のビジネスのトレンドだったりします。目のつけどころは悪くないですね。

でも「結婚や恋愛」という、バラ色の世界観が魅力的で「婚活市場」に参入しようというのは大きな間違いです。感性だけでビジネスは出来ません。何よりも顧客のニーズを満たすのが最優先ですが、「経営者の感性」というのは往々にして「顧客ニーズを無視している」ことが多いです。もし感性を大事にしたいのであれば、是非とも「アーティスト」を目指される事をオススメしたいです。

で、じっさいのところ資本がたくさんあってもっと稼ぎたい、という事であればセブンイレブンでも開いたほうが儲かります。多分ですが、結婚相談所を開業する方は「セブンイレブン」をオープンさせるほどのお金が無いのでは無いかと思います。気持ちはとても解ります。

さて、結婚相談所開業のもう一つのメリットというのは「資本」が多くなくても出来る、という事に尽きます。連盟加盟してウェブサイトを作って、とやっても100万円~200万円くらいで開業が可能ですから。

店舗型ですと200万円を元手に銀行などから融資を受けなくては開業出来ません。その点手軽に開業は出来ます。在庫も有りませんし、必要な経費もさほど多くなく、売上からの粗利に関しては有利なビジネス形態です。

そういった点で結婚相談所を開業しよう、という人は目のつけどころは悪くありません。ただ、問題は「同業他者がおおく市場は飽和気味」という事です。

現在この現象がもっとも大きな問題点では無いかと思いますし、加盟連盟団体がこの点をクリア出来るのか?というとおそらく答えは「ノー」です。

ひとまず、長くなってしまいましたので、次回に続きますが、「開業の動機」が「お金稼ぎ」と割り切っていないととても苦労します。開業を検討されている方はまずこの点を重々理解の上検討してくださいね。

次回は「飽和している市場をどう出し抜くのか」について書きたいと思います!