結婚相談所開業の経営ノウハウと何?

結婚相談所の開業、開業後の集客できないを解決してきた開業支援のデューオエージェンシーです。

そもそも結婚相談所でもなんでもいいのですが、事業経営の定義付けをわからない、行う本人が答えれない状態ではトンチンカンな手法でコストをかけ課題を解決することになるでしょう。

実際に結婚相談所開業後に起きる会員を集客するための施策が、「パーティーで集客!」と言っているのであれば最初からエクシオ様のうような婚活パーティーサービス事業を行えばいいのではないでしょうか?

一体なぜ「結婚相談所」を開業したのでしょうか。経営の解決策が「パーティー主催や開催」でもそのパーティーの集客に困っているとよく聴きます。

つまるところ結婚相談所開業し、仲人、結婚カウンセラーと称し、その事業内容がサービス利用価格が掲載されているのはホームページ(Webサイト)で、お客の反応が起きていないことに問題点があることに誰も焦点をあて、課題解決に取り組まない。

だっておおよそ、100名集めればシュミレーション上、売上はこうなります!とそこで「集めればいいんだ~!」となっているが現実どうですかね?

「すみません、その100名を集める方法はどうすればいいのでしょうか?」

独立開業を謳う開業説明でも開業後でも質問してみることお勧めします。

たぶん「・・・」テンテンテンのような解答でしょう。

そもそも経営ってなに?

ぼくらも3年前は知らずにもがき苦しみながら事業といえないけどツッパり根性で事業と言っておりました。要は「知らない」だけなんです。でも正しい情報。実践されてきた歴史、数々の大手企業が実践済みの共通した論理と科学的手法をもとに軌道修正どころではなく、フルモデルチェンジした結果順当に成長し続ける事ができてきます。実践中のデューオエージェンシーbyポトラッチ。

まずは【まちがった経営感覚】を【本質への軌道修正】が必要になってきます。

結婚相談所開業の独立起業に気負っている状態で、必死に情報収集に明け暮れる。でも、わたしが求めている答えには多分たどり着かないです。理由は売ってないのです。その辺の本屋、経済誌読んでも、セミナーで聞いても、講習会で勉強しても成功本読んでも諸刃の剣。

多分、大体が正直、本音は、何かを始める前「起業したら安定的な収入がなくなる不安」と「これだけ稼げるかもしれない」のせめぎあいがご自身の中でモヤモヤしまくり状態。経験済みだから心情察します。

ズバッと云いますと、知りたい答えは「お金は事業後にどうやれば作れるか、その作業や行動手順を知りたい」というのが本音ではないしょうか。少なくとも代表のわたくし小別はそうでした。カンブリア宮殿観たって、WBSのニュース、日経新聞、最初は使えない状態ですよね。で、どうやったら儲かるのだろうか。ここから抜け出せないのです。

それは「知らないだけでした」。何を?「行動の仕方」を「作業の内容」を。そりゃそうです。習えませんから。商売1とか学生時代に授業ないですもんね。それに営業できる。営業力あるは、ほぼ通用しません。だって会社やめた途端「無名の孤独な事業者」ですから(笑)

大体の方が陥る現状、それは考え方、倫理を勉強して理解できるのに実行できない、もしくは実行しても実にならない。実利にならない。それは「何故?」そして人によって成果がバラつく。それは「何故?」

ここの「それは何故?」に気がつくことが最初の1歩です。

さて、話を戻していまいちど。「経営って何?」

これしかありません。

経営とは、継続した投資、回収の継続した仕組みと活動。

投資→回収→再投資→再回収の仕組みが続くこと。その投資金額と回収金額が大きくなることで成長経営になることは安定的運営を実現することになる。

反応がないのに頑張っている結婚相談所運営の方。反応がないから次に広告に手を出していくのの鉄板の間違った施策。もっとお客が来ない状態になると気がつきましょう。広告も出す順番が時期がとタイミングがあります。

なぜお客が来ないのに広告を出すの?来ないということは根本のお客が利用したい!となる事柄=サービス&価格&品質=お客の欲しいコトになっていないからであって、その状態で広告を出すのは、モテない自分をさらにアピールし、うちには来ないで下さい!と広く知らしめることを「頑張っている」ことになりますよね。

間違わないで下さい。大体、自分が悪い!と思いがちな方もおおいですが違います。経営に関するあらゆることが間違いで改革必須であって、あなたの人間性の否定ではないのです。

理由は、自己啓発であなたを磨いても、ココロをなんぼ良くしても「そのサービスを利用するかしないかはお客が決めることです」。だからお客は「残念がらあなたのココロや人間力ではお客は購入しない」からです。あなたが悪いことではないです。

もっと頑張る → 頑張ることを辞めて → 経営行動を変える

だから「経営とは?」という資本主義150年以上の歴史の原理原則にあてはめることに変えてみて、用語を統一していくことがまず最初の1歩です。

これにより「わたしが判断することが正しいか正しくないかの判断基準を判断する基準が正しい起動で判断できるから迷わず、直感、感覚、なんとなくそう思う」というような判断がなくなるから、多彩な情報の取捨選択がなくなるわコトが最初の先へ行く道への一歩と自負しています。

よく「やらないことを決める」といいますが、「やらないことがなんなのか精査もできない」がほとんど。だから「経営とは?」という世界標準の定義をしらない限り、課題解決のスタート地点にもならないのです。

次に、

▶:売上とは何?

▶:大手企業と中小企業の違いは何? 

この定義も必要になってきます。

そのため、さらにもう一度。

結婚相談所を開業、運営はじめて、集客できないから「婚活パーティー」で集客?冷静に事実をみたら、おかしいことに氣がつきませんか?

あなたが提供している「サービス料金」で反応がないのに、婚活パーティーで集客?会えて話をできれば「入会させれる」というこをよく言うひといますし、業界のあるあるですよね。

本音聴きますが「話して入会させたいの?」「入会するのわざわざ話がしたいの?」とお聞きしているのです。その作業のあと、起こる事象がすべて想定がつきます。

勧誘じゃないと思っているのは「あなただけ」であって「お客の氣持ち」は見えていない。なんと思われているか定かじゃない。そもそも入会説明されるパーティーに人は来ない。結果的に来なくなる。

だから「パーティーの集客」に困るが起きる。考えたら普通に当たり前の客減りますよね。

結婚相談所集客に困っている仲人業の方、広告費がかかりすぎている結婚カウンセラーの方。結婚相談所とは何?どんなサービス業なの?おこなっているビジネスの分類に適した経営アクションが伴いえば、集客が要らなくなるといっても、世の中に正しいことは本当に広まらないので仕方ないですが、ほんとうの意味での独立開業状態になるための経営運営チェンジしてみた方ご依頼下さい。業界商習慣にへきれきしている相談所オーナー様のご依頼多数。お見合い組むのに気を使っている状態の結婚相談所の方にお勧めです。

Skype相談:9,800円/2時間 で承ります。実践実績上げてきた作業マニュアルをご提供致します。