shutterstock_284165645
結婚相談所開業・恋活サービス開業をサポートしているデューオエージェンシーです。今回は「結婚相談所開業」が失敗するする理由についてかいてみたいと思います。

その1:顧客を置き去りにしてしまっている。

結婚相談所の開業が失敗してしまう理由の第一に「顧客置き去りの価格設定」が挙げられます。結婚相談所の価格設定は様々ではありますが、入会金5万円から結婚した場合の成婚報酬が20万円からといった価格設定になっています。

また、それに合わせて月額利用料が1万円から、さらにお見合いが発生した場合のお見合い費用が五千円からといった感じです。

今上げた費用ですら、低価格で設定している結婚相談所の費用です。

さて、顧客を置き去りにしている価格設定である理由についてですが、どうしても結婚相談所の開業者の方と実際に結婚相談所を利用されている方の金銭に対するギャップが発生してしまっている問題が原因では無いでしょうか。

現在50代〜60代で結婚相談所を開業されている方からすると、バブル期を経験されている背景もあって20万円の成婚報酬が高額には思えないのでは無いかと思います。

しかし、現代の結婚相談所利用者の中心年齢層である30〜40代はバブル崩壊後の「氷河期世代」であることを忘れてはなりません。簡単に計算して年齢✖️10万円の年収が平均ですので、35歳で年収350万円とするとそのうち「入会金5万円+成婚報酬20万円+月額利用料(利用月✖️1万円)+お見合い料五千円✖️回数=12ヶ月利用+毎月お見合い2回+成婚報酬+入会金=49万円」の費用が必要になってしまいます。

年収の一割以上が婚活費用に消えてしまうなか、さらに結婚相手が見つかった場合は結婚式や新婚旅行の費用も必要になってしまうのです。

この問題は「払える・払えない」の問題以上に大きな問題があります。次章でその問題について説明していきたいと思います。

その2:顧客の要望が高くなり成婚が難しい

前述の通り、結婚相談所の利用料はなかなか大きな負担です。「一生に一度のことだから」と言って足元を見てビジネスが成立していたのはあくまで結婚相談所バブルだった2012年ごろの話です。

現在は大手の参入などもあり、さらに市場が飽和してしまっている状況ですので結婚相談所開業が失敗するリスクは以前に比べてとても大きいのです。

前述の「利用料が高い」という問題が、実は結婚相談所運営にとって収益のベースとなる「成婚報酬」の獲得の難しさに繋がっています。それは「利用料が高いため、理想の相手を探し出すまで利用者が妥協しない」という問題が起きるからです。

実はこの「運営者と利用者の金銭ギャップ」の問題がここで発生してしまうのです。成婚料が発生しない限りは結婚相談所として大きな利益を生み出せないのですが、利用者からすると「大金を払うのだから」という心理でなかなか成婚までたどり着かないのです。

一生に一度の大きなイベントであり、さらにそれなりの費用を支払うユーザーは必死です。サービス提供側からすると、もしかしたら成婚報酬100万円くらい貰ってもちょうど良いくらいかもしれません。

結婚相談所としては成婚してくれないと大きな利益が出せず、利用者にとっては大きな費用を払うから妥協せずに長期間活動してしまうリスクが内在しています。

仮にこの成婚報酬が20万円だろうと40万円だろうと、利用者にとっては高額であることに変わりないことが結婚相談所の運営が失敗してしまう原因の一つでは無いかと思います。

その3:費用の内訳に理由が無い

様々なサービスは費用に理由があります。原価があり人件費やテナント料などの様々なコストが必要となり、ある程度理由にふさわしい価格設定がされています。

しかし、結婚相談所の価格設定は「昔からこのくらいの価格設定がされている、または多くの結婚相談所がこのくらいの価格で運営している」という程度の理由で設定されています。

大工であれば「一人あたり1時間五千円」といったわかりやすい価格設定がされています。小売店であれば「原価」があり、飲食店でも原価がありますよね。

しかし、結婚相談所を利用しようか考えている顧客の心理として「この利用料の内容は、何をしてくれてこの価格なのか」という点が非常に曖昧です。

例えば入会金5万円として、その費用の内訳はどうなっているのでしょうか。1時間ほど面談して登録し、1時間ほどで会員データベースへ登録する。この作業2時間で完了しているのであれば、入会に際して「時給二万五千円」が発生するということです。

時給換算するとかなり高額なビジネスですよね。1日8時間働くとして四人を登録できればなんと20万円です。正直なところ、1日4人も集客できないとは思いますが、入会金5万円を取れるなら、私であればはっきり申し上げて成婚報酬を0円にしてしまって入会金だけで生計を立てます。

しかし、この入会金5万円という「価値の理由」はいまいちはっきりしていません。恐らくですが「本当は入会金1万円で対応したいけれど、そこまで集客できないし、さらに成婚が出るまでに時間がかかるから食いつなぐために5万円にしている」という自己都合的な価格設定になっているのではないかと感じます。

これでは利用者が増えません。ただ欲しい金額を利用者に請求している限り、結婚相談所の運営は失敗に終わってしまいます。

その4:集客ができない

そもそも結婚相談所の利用者をどのように集めているのでしょうか。実は多くの結婚相談所が「口コミで集客している」のが現実です。

なぜ口コミで集客ができるのか、という点はよくわかりませんが、逆説的に申し上げますと「口コミ以外で集客できない」という理由が本当のところなのでは無いでしょうか。

結婚相談所開業は他のビジネスにくらべ費用が発生しません。テナント料も必要無い場合が多いです。必要なのは加盟連盟にはらう開業費用と、月額の利用料金程度でしょうか。

そういった開業のしやすさからして多くの結婚相談所ができてしまいました。ですので「待っていればお客が来る」という時代ではありません。

実は結婚相談所開業失敗のもっとも大きな原因は「集客ノウハウのなさ」です。

某加盟連盟に相談したところ「半年かけて一人集客ができます」と回答された方がいらっしゃいました。どう考えてもこのペースではビジネスとして成り立ちません。

実は結婚相談所の開業失敗の原因は、加盟連盟の開業費用が無駄に高いことが挙げられます。開業費用は30万円〜120万円くらいの間ですが、実はここに問題があります。

その費用はビジネスを運営するに当たって必要な研修費などに当てられるのですが、実は結婚相談所の加盟連盟のほとんどが「集客の素人」なのです。

ですので集客ができません。集客ができなければ開業したって開業費用を取り返すことすらままならないのです。困ったら連盟に相談すれば良いと考えている方も多いかもしれませんが、もし彼らが集客のプロであれば開業者などつのらずに自力で結婚相談所を運営しているはずです。

「集客ができない=売り上げが発生しない」ですので、開業の簡単さに比べ、結婚相談所運営の難易度は想像よりも難しいのです。

最後に:失敗せずに運営を成功させるには

結婚相談所開業が失敗する原因を簡単にまとめると「不透明な費用+不透明なサービス内容+集客能力のなさ」の3っつです。

言ってみれば結婚相談所開業を成功させるにはこの三つの内容を改善すれば良いのです。「明瞭費用+明瞭サービス+集客」の三つに変えることで成功します。

弊社では多くの結婚相談所をウェブマーケティングやコンサルティングで成功に導いてまいりました。具体的な内容は様々ですが、実は今もっともオススメなのは「恋活サービス」の導入です。

「登録費用無料+月額費用無料」という非常にわかりやすいサービスです。恋活として、デートのお相手をご紹介する際にのみ費用を徴収するスタイルです。

結婚相談所と比べて、問い合わせ数もユーザーの利用数も莫大ですので、結婚相談所を運営しながら恋活サービス利用をされているところも多く、「恋活サービスを入り口にして、結婚願望の強いユーザーは結婚相談所へ入会してもらえる」という反響を多く頂戴しております。

そもそも顧客との接触機会がなければビジネスは発展できません。しかし恋活サービスは低価格で費用的なリスクが低いこともあり顧客との接触機会が驚くほど増加するのです。

結婚相談所としての収益よりも、恋活サービスの方が収益が高くなってしまった結婚相談所も多くなりました。スタイルによってはバランスよく両方の収益を回している相談所も多数です。

恋活サービスのみならず「集客に特化したウェブサイト制作」や「サービス費用の制定+伝わりやすい表現」だけでも収益アップは可能です。

ご要望に対してベストなご提案をさせていただくことも可能ですので、是非ともご相談ください。ご相談に関しては無料で承っておりますので、ご気軽に03−6913−6046までお電話ください。

ご相談はメールでも承っております。