shutterstock_539680054 (1)

結婚相談所の連盟が提示している「収益モデル」を見ていると、現実とのギャップを感じざるを得ません。じっさいに結婚相談所運営に関わった事がある人にとっては「え?本当に?」となるような数字が書かれています。

そう、連盟が提示する「収益モデル」は結局ドラえもんのオープニングテーマです。「こんなこといいな、出来たらいいな!」というレベルの「願望」でしか有りません。

さて、今回は結婚相談所運営コンサルティングとして実績を作ってきたデューオエージェンシーが感じた「結婚相談所の売上・収益モデルの実際」について書いてみます。

そもそも論で「客が来たら達成可能」ってことなんですよね

さて、某結婚相談所連盟、加盟団体が開業社向けに提示している収益モデルの収益一覧はこんな感じでしょうか。

  • 会員からの入会金(数万円)
  • 会員からの月額利用料(数千円~一万円?)
  • 会員からのお見合い料(数千円)
  • パーティー開催し会員から参加料(数千円)
  • 会員からの成婚報酬料(20~30万円)

はい、頭の良い方で有ればすぐに気づきます。「会員からお金貰わなきゃいけないね!」と。

さて、絵に書いた餅としては連盟加盟団体の提示する収益モデルは別におかしく有りませんが、結局のところ「会員数」が多くなければ「安定収入」なんてありえません。

上記の収益モデルから推察するに、特に安定収入になりそうな部分は「成婚報酬料」ですが、そもそもこのお金を手に入れるには「会員が結婚すること」が至上命題。

会員数が仮に8名だとした場合、一名成婚すると数十万円が獲得可能ですが、反面一名が脱会する訳ですから月額料金は減ります。ここで正常な思考が働けば「新規会員を獲得しなければ」となるわけですが、実際のところ連盟加盟団体は「新規顧客獲得」に対してなんらアプローチが出来ない、という現実が有ります。

言ってみれば「集客はサポートしません」という話なのです。

はっきり申し上げますと、新規顧客獲得で90%が失敗します

ずっと言い続けていることなのですが、結婚相談所を開業した方の9割が「新規顧客獲得」で失敗します。断言します。例外もいらっしゃいますが、1割です。

結局のところ連盟加盟団体が「集客してくれるわけではない」という現実問題が有ります。加盟金が非常に高額になっており、月額数万円を相談所に請求するのが当たり前な訳ですが、「搾取はするがサポートはしない」というのが結婚相談所連盟加盟団体の実際では無いかと思います。

ですので、連盟加盟団体が提示する「収益モデル」は大いに誇大広告であって、末尾にはこういった文面が隠されています。「もしあなたが優秀で新規顧客獲得能力に秀でていたらね!」と。

しかし、じっさいのところ連盟加盟団体が各結婚相談所に提示する顧客獲得方法すら、ただの妄想・願望だったりする事が有ります。

「ブログを書け!」だの言っているところも有りますが、そもそもウェブマーケティングの何かもわからない素人の付け焼き刃の様な論理を、少なくとも大きな金額を徴収しているクライアントに対して提示するなんて正気の沙汰では有りません。

別に「ブログを書くな!」と言うつもりは有りません。しかし、そんな簡単な一行で解決出来ないくらいには「ブログを活用して集客する」という事は簡単では有りません。

その詳細な部分はウェブマーケティングのプロでなくては裏付けられませんが、残念なことに多くの加盟連盟団体は「Googleで検索すればわかるレベルの事実」を「検証・実証を省いて結婚相談所に提案してしまう」という事実が有ります。

残念なことにコンサルティングの超基本となる「PDCAサイクル」ですらまともに回っていないか、サイクルしているとしても「時代にマッチしないくらいに遅い」のが事実です。

勿論、ビジネスを開始する為の研修やシステム等のインフラを連盟加盟団体は整備している訳ですので、優秀な方にとっては別に加盟するデメリットは無いと思いますが、「今まで主婦だったけど開業してみたい」という方にとって「結婚相談所開業」が儲かるビジネスなのかというと、かなりハードルが高い事実が有ります・・・。

そんな状況でなぜ「連盟加盟団体」が潰れないか

さて、そもそも収益モデルは全部願望な訳ですが、そんな状況で有れば普通は「連盟加盟団体」は潰れてしまいそうです。しかし潰れません。何故連盟加盟団体は生き延びているのでしょうか?

これに関しては「各相談所より月額料金を徴収しているから」です。不思議な話なのですが、儲からなければ辞めれば良い、と私達が思う反面、「独身者を結婚させること」に社会的意義を感じている相談所の方も多いようで、儲けよりも「成婚」を重視して「売上無視」で活動されている熱い魂をお持ちの方もいるようです。

そういった方が多いと「連盟加盟団体」は毎月利用料を徴収しますし、新規開業者からは大きな金額の「加盟金」を徴収していますので、ちょっとやそっとじゃ潰れません。

現在の構図を簡単に説明すると「開業者の屍の上に加盟連盟団体が鎮座している」という様な状況では無いでしょうか?

実際問題、弊社クライアントより「連盟に加盟するんじゃなかった!」「費用に対して効果が薄い!」という意見を頂戴する事も多々有ります。

売上が上がらずお困りの方、またこれから開業しようと思っている方、ご相談下さい

デューオエージェンシーでは「結婚相談所開業後の運営・集客」をサポートして参りました。収益化についてはノウハウが有ります。弊社のノウハウは「願望」では無く「じっさいにアクションを起こし、成功方法を蓄積」しておりますので内容は非常に具体的だと自負しております。

運営開始後は、色々と頭を使い行動を起こし、とクライアントにも色々と負担が有る場合もありますが、ジムでのトレーニングと同様、真剣に取り組んでいただければ成果は上がります。

「開業したけれど連盟が言うような収益は上がらず、困っている」という方はぜひご相談下さい。もしかしたら連盟とは真逆の事を申し上げるかもしれませんので、是非柔軟な思考をする心の準備をして頂いたうえご相談下さい。