shutterstock_370629407

いつも新規でサイトを立ち上げる結婚相談所オーナーの皆様が、若干の不安を感じられているのだろうな、と思うことが度々有ります。

それは当たり前の事で、ウェブサイトの制作は支出としてけして安いものでは有りません。

しかし、様々な結婚相談所のコンサルティングとサイト制作を行ってきた中で、確信を持っている部分が有ります。

それは「結局ウェブマーケティングをやりきったことがない」という事実です。

なぜ、マーケティングをやりきらないのか

弊社担当の頭の中のウェブマーケティングについての知識やスキルを100と仮定すると、大抵は30程度の行動で全て終わってしまいます。100をやりきる事など、まず有りません。

例えば「ブログを週に二本書いてみよう」という提案ですが、大抵は三ヶ月程度で更新が止まります。何故でしょうか。

その答えは「稼働が増えてきて、そんな事するヒマが無い」という現実です。実際のところ弊社でも頻繁にブログを更新したりSNSの運用を行う事は無く、「空いた時間で、しばらく更新していなかったので更新する」という程度だったりします。

言ってみれば、私達が提案している様々な技法を、全て試す事無く大抵はウェブマーケティングに時間をさくまでも無く顧客が集まってくる、という事です。

ですので、まず「やりきった」という事は無いです。

大体の結婚相談所は一人だったり、少人数で運営している事が多いため、顧客が獲得出来るようになると稼働時間が増えますので、実はそこまでウェブマーケティングを頑張る必要が無いのです。

やりきってもいないし、結果も出ていない

こういう場合はもっと頑張らなくてはなりません。私達がイメージする30よりもずっとウェブマーケティングにかける行動が少ないか、最悪やり方を間違えているという事が考えられます。

顧客獲得が上手く行かない場合は大体「ブログ記事が圧倒的に少なく、比例してアクセスも少ない」場合や「ブログを頑張って書いていて、アクセスが集まってきているが問い合わせが発生しない」というケースです。

アクセスが少ない事が原因ならば増やす為に稼働を割くだけです。反面、アクセスが多い場合に関してはやはり「サービスの質と値段」が顧客にとって微妙だった結果では無いでしょうか?

あくまでアクセスを集める作業というのは「良い立地で出店する」という作業でしかありません。立地が理想的でも潰れていく店舗は山ほど有りますよね。

いつも出す例ですが「まずいラーメン屋に行列は出来ない」という事です。

ウェブマーケティング検定が有るならば、3級で十分です

もし、ウェブマーケティング検定が有るならば、3級を持っていれば十分顧客獲得が出来ると思っています。

「そんなに!?」と思う方もいるかと思いますが、実際のところ「何も知らない」ということと「少し勉強した」の間はとても大きく、言ってみれば「独立して一円も稼いだことがない状態」と「独立して一円稼いだ」というその小さな差くらい大きいものなのでは無いかと思います。

起業直後は時間が多少あると思いますので、コツコツとブログ記事を作成したり、FaceBookの投稿などを意識的に行って頂くのみで、大抵はすぐに結果が出ます。

もちろんダイエットと同じで「多少意識して行動する」という事は最低限必要にはなりますが、おもったよりも難しいことでもなんでも有りません。

最後に

ご相談頂ければ様々な角度から現在の問題を検証し、効果的なアプローチのご提案をさせて頂いております。

あまりこの様に申し上げたくは無いのですが、大抵結果が出ない場合は「やり方が間違っている」という事や「必要最低限やっていない」という事ばかりです。

勿論「数字は上がっているがもっと大きく!」という場合にも効果的なアプローチは多々ございますし、皆様の素養として持っているスキルや特性によってもアプローチ方法は多々変わってまいりますので、何か気になる事がございましたらぜひともご相談頂ければと思います!